収納

Work

施工事例


住まいの顔となる場所。モノや靴が多い住まいには大容量の収納がオススメ。
スペースに余裕があれば、シューズクロークがオススメ!


リビングにはいろんなモノが集まります。収納するモノの使用頻度、大きさ、重さで置き場所を決めましょう。
モノに定位置をつくっておくと、片付けやすいため、すっきりしたお部屋を常にキープできます。


パントリーは通常の食器棚やキャビネットとは別に食器や食品を収納するための付属スペース。物が多いキッチンには、パントリーがあると重宝します。
食品やキッチン回りのあれこれをストックする場所、キッチンには欠かせない収納場所です。見た目がスッキリするだけでなく、手際よく調理ができたり、買い置きを見やすくして食費の節約につながるなどメリットがたくさんあります。


押入をクローゼットに

・奥行が深くて、使いづらい
・何を収納したか思い出せない
・和室そのものを使わなくなった

といった悩みから、押入れを思い切って使いやすいクローゼットにリフォームする方が増えています。
クローゼットにすることで、どこに何があるか一目で見渡すことができ、とても便利です。