高い勾配天井がもたらす、開放感あふれるリビング/K様邸 | 長野県での新築や一戸建ての注文住宅なら東邦建工株式会社

WORKS施工事例


高い勾配天井がもたらす、開放感あふれるリビング/K様邸

東邦建工の工事のポイント

明るいテラスに子どもの遊ぶ姿
家事も楽しくなる
眺めのいいキッチン

 中古住宅を購入しリフォームを行って暮らしていたが、冬が寒いこと、築30年以上経ったことから建てかえることを決めたKさんご夫妻。選んだのは東邦建工株式会社の採光や通風を生かしたエコ住宅「あった快家」。外張り断熱+充填断熱のW断熱で暖かいのはもちろん、高い耐震性能も誇る安心安全の住まいだ。

 もともと暮らしていた家もリビングが広く、その快適性を維持したいと新しい家も30帖を超える広いリビングに。勾配を生かした開放感ある高い天井にはヒノキの無垢材を使用。テラスに長く伸びる軒にも同じヒノキを使い、繋がりを意識した。また「シーリングライトなど天井に電気器具を付けたくなかった」と、個室とキッチン以外はすべて間接照明にしたため、見た目もすっきり。

 キッチンは以前、壁付きだったため家族の様子や庭が見えるよう対面キッチンをセレクト。ダイニングを横に配置することでリビングと空間をしっかり分けた。また水廻りをまとめることで家事効率もアップ。ランドリールームからのアクセスもいいL字型に伸びるウッドデッキは、庭が眺められるようフラットタイプにした。奥さま一番の希望は薪ストーブ。「計画当初から薪ストーブありきでデザインを考えました」と、暖房性能のいい薪ストーブを自分で選び設置してもらった。「大人の遊びですよね。早く薪ストーブが使いたい」と、冬の訪れを心待ちにしていた。

採用モデル

torie【トリエ】

北側が道路に面したL字型の住まい。リビングの開放感を損なわないよう天井高を優先させ、あえて2階部分は東側の棟にまとめた。玄関脇には格子をつけ、和のテイストをプラス。

玄関からリビングに抜けると、薪ストーブが主役の木のぬくもり溢れるLDKが広がる。リビングを入ってすぐに4.5帖のファミリークロークを設置し、帰宅時に脱いだコートはもちろん、家族の衣類を一度に片付けられるようにすることで効率的な家事動線にした。

リビングで遊ぶ子どもの姿、テラスや庭の景色が見えるようにキッチンの場所を決めた。リビングの一部を塗り壁にしたことで柔らかい仕上がりに。

対面フラットキッチンは、熱や傷に強いリクシルのセラミックトップ。色は木目と悩んだがブラックに。リビング側はすべて収納になっている。

「和室は絶対に欲しかった」と奥さま。広さを出すため吊り押し入れにし、地窓をつけ明るさを取り込める設計に。

室内干しスペースも兼ねる広いランドリールーム。洗濯機の横にはアイロン台を設置し、移動せずに家事が一度に済む。

南側に面した広い庭は、外からの視線も気にならない。気軽にバーベキューができるようテラス部分はタイルに。「汚れてもデッキブラシで簡単に水洗いできます」と奥さま。

帰ってきてすぐに手洗い・うがいができるよう、玄関を入ってすぐに洗面台を設けた。

微妙に色の違う自然石風の磁器タイルが豊かな表情を加え、和邸宅風の雰囲気を醸す広々したアプローチ。玄関先をしっかり隠す門柱が、道路からの視線を遮ってくれる。