WORKS施工事例


心地よさを与えてくれる 本物の素材に囲まれる暮らし/Y様邸

モデルハウスをみる

東邦建工の工事のポイント

自然素材での家づくりを検討していたYさんご夫妻。東邦建工との出会いは、偶然手にした『無添加住宅』のモデルハウスのチラシだった。「自然素材をふんだんに使った、理想に近い住宅でした」とご主人。素材にこだわればこだわるほど予算との兼ね合いが難しくなるが、「この『無添加住宅』なら性能の良さはもちろん、吹き抜けのリビングや無垢の床、漆喰壁など希望のものを詰め込んでも予算内に収まるはず」と同社に希望を託した。

 そうして完成したY邸は、床は木目が美しいオークの無垢、内壁と天井はすべて調湿&消臭効果にすぐれた漆喰塗りと本物にこだわった住まい。断熱性を高めたいと取り入れたトリプルサッシはご主人の実家で、漆喰壁はお兄さまの家で実際にその性能のよさを体感し、採用を決めたという。

 「将来を考え、生活のすべてが1階で済むように」と、2階は子ども部屋のみ。レッドシダー貼りの吹き抜け天井が存在感を放つリビングとゆるやかに空間を分けたダイニングは、子どもの勉強スペースになるよう考えられた。ご夫妻で使うことも多いキッチンは、「木の質感にひと目ぼれ」というウッドワンのシステムキッチンを採用。リビングから見えるキッチン背面には奥さまが選んだグレーのタイルを貼り、スタイリッシュなテイストを加えた。
 
 動線などはプロ目線の提案を取り入れつつ、ご夫妻の希望を詰め込んだY邸。子どもの成長と合わせて経年美も楽しめる“本物素材”の住まいは、今後の暮らしにも楽しみを加えてくれる。

採用モデル

無添加住宅

窓枠や雨樋をすべて黒で統一し、柔らかな印象の中にモダンさも漂う外観。
収納以外、窓はすべてトリプルサッシを用いて性能アップ。

ほどよい囲まれ感のあるキッチンが住まいのセンターに。
東側にダイニング、南側に吹き抜けのある伸びやかなリビングがつながる。
吹き抜けを囲むように2階廊下と各個室、バルコニーが続き、窓を開ければ爽やかに風が抜ける一体感のある間取りだ。

白×木目×グレーでナチュラルモダンテイストのキッチン。
食洗機は、念願のドイツ・ミーレ社のものをセレクト。

「年を重ねても安心だから」と、寝室は最初から1階を希望。
WICも備えている。

「居室とは違うイメージで雰囲気を変えたい」と、洗面脱衣室は華やかなモロッコタイル柄で遊び心をプラス。

バルコニーの一部は屋根のかかったインナーバルコニー。
「雨が降っても洗濯物が濡れる心配がないので安心です」

セカンドリビングとしても使える広いウッドデッキ。
「いずれバーベキューでもできれば」と期待を膨らませるご主人。