無名を勝ちとる | 長野県での新築や一戸建ての注文住宅なら東邦建工株式会社

無名を勝ちとる

2020.03.28

こんにちは

不要不急の外出を控える週末です。

お家のことを考えるいい時間になっているのでしょうか。

モデルハウスは今日もお打合せのお客様で賑わっております。

🌸 🌸

『ゲド戦記』という児童文学があります。

スタジオジブリによって映画化もされているので、

ご存知の方も多いのではないでしょうか。

原作はアーシュラ・K・ル・グウィンによる英語の物語。

それを日本に広めたのが、翻訳家清水眞砂子さんです。

最近、一番胸に残っているのが、とある番組でふと耳にした

この清水眞砂子さんのお話です。

生きた物語のなかでは

読み手は想像力を掻き立てられ

登場人物とともに物語を生きることができる。

ハラハラしたり、ワクワクしたり、

時には登場人物の痛みを自分の痛みとして感じたり、

ともに試練を乗り越えたりできる、

それが生きた物語というものである、と。

『ゲド戦記』はまさにそんな物語の一つ。

そしてこの『ゲド戦記』は「無名を勝ちとる」物語として

読むことができるのではないか、とも。

私たちはともすれば、有名を勝ちとることに目を向けがちなのではないか。

「私が」「私が」と主張したがる人があまたひしめく社会でもある。

でも、実は「無名」であることは

自らの意志で選び勝ちとっていくべき得難い価値である、

そのような内容をおっしゃっていたような気がします。

(理解力が足りていないと思います、ごめんなさい)

もしかしたら無名だと思っている私たちも、

名も無き者として生きることは困難な時代なのかもしれない。

努力して困難に打ち勝って無名を勝ちとった先に

しずかに幸せが、希望が、ひたひたと満ちてくる、

そんな気もしてきます。

答えは出ないけれど。

すっと心に落ちてきていつまでも胸に残り、噛みしめている言葉です。

🌸 🌸

外出自粛の休日、

じっくりと本を読んでみたいと思いました。

忙しく素通りしていく日々ですが、

思いを深めることができたらいいと思います。

ではまた。