薄氷を踏むごとく……最近思う事…… | 長野県での新築や一戸建ての注文住宅なら東邦建工株式会社

薄氷を踏むごとく……最近思う事……

2020.02.10

こんにちは

晴れて寒い松本エリアです。

世界レベルで拡がり日本国内でも感染者が増えつつある

新型コロナウィルス。

本当に脅威です。

でも、一番の予防法は、シンプルに手洗いなのだそう。

指先から手首まで殺菌作用のある石鹸できちんと手洗いをすることが

何よりの予防なのだとか。

それならわが家でもなんとかなりそう…

早くいいお薬ができて沈静化しますように。

* * * * *

脅威はまだまだあります。

今朝のTVやっていたのですが、

なんと、南極で18.3°cを記録したのだそうです。

溶けた氷と氷の間を、海パンひとつで泳いでいる人がいました。

もはやこれは異常気象などではありません。

地球が新たな時代の環境に突入してしまったのです。

あらゆる自然災害のレベルが桁違いにあがって、

人間は果たして、その環境変化に耐えうるのでしょうか。

人間が、自然を克服してきたというのは思い上がりで、

自然のあるべき姿を壊し、たくさんの動物の棲息域を乱し、

生きとし生けるものの共生の場である地球を

危機にさらしてしまっているのだと思います。

えさを求めて市街地に出てきてしまう動物たちも増えました。

まぁまぁ、自分らが生きている間くらいは大丈夫なのでは?

そんな根拠のない大丈夫が大丈夫でないのはもちろんのこと。

生まれる以前を覚えている子供さえいるのです。

輪廻転生・・・あなたもまた生まれてきます。

未来を生きていくこれからの全ての生物に

青く美しい地球を引き継いでいくにはどうしたらいいのか、

その答えを、みんなで全力で求めていく時が来ていることに

多くの人が本当は気づいているのだと思います。

危機感がないことは一番の危機。

南極大陸の氷も、北極の海の氷も、一度溶け始めたら止められない。

現代を生きるということは、

薄々とした氷の上を歩む危機感に似ている気がします。

* * * * *

でもだからと言って、怖がってばかりいても仕方ありませんね。

できることを少しずつこなしながら、

自分と自分に関わる命を大切に守り育てていくこと。

全ての生物たちがそうしているように。

平気に、たくましく、笑顔で!!