新元号に寄せて・・・/松本

2019.04.01

こんにちは。

晴れていたかと思えば、いつのまにか雨模様。

春寒の松本エリアでございます。

四月一日、今年ばかりは、新元号の発表日とあって、

エイプリルフールなどは勿論のこと、入社式のニュースさえもうわの空で、今か今かと発表を待っておりました。

そんな中、発表された新元号は、

「令和」でありました。

出典は万葉集と聞き、心の奥底に繋がっているはるかいにしえを垣間見るような

すがすがしく懐かしい響きとして心地よく受け止めました。

令・・令月・・よき、清き、美しき

和・・風和らぐ・・なごむ

春の初めのこのよき月、清らかな空気と和らいだ風の中、

清々しく凛とした姿で開いた梅の花の香が薫ってくる・・・

「令和」とは、この春のご即位にふさわしい清らかで佳き元号となりました。

令、というきちっとした印象の文字を、

和、の文字がすっとなごませており、

実に均整の取れた美しい元号だと思います。

平成という時代を慈しみつつ、

来月1日から始まる令和元年に向けて、

心も、身体も、環境も、柔軟に準備をしていきたいと思います。

生まれたての赤ちゃんから、五つの元号をまたいで生きるおじいちゃん・おばあちゃんまで、

全ての人が幸せを感じられる国でありたいものです。

そんな中、私たちにできることはとても小さなことですが、

ご縁あって出会った方々のお住まいを通して、

幸せづくりのお手伝いをさせていただけたら、

それは本当に嬉しいことです。

松本営業部もフレッシュな仲間を迎え、新しい時代へと進んで参ります。

令く和する、清々として和やかな職場から、

「幸せのお家」をご提供していきたいと願っています。

~~~新元号発表に寄せて~~~