歴史的建造物 | 長野県での新築や一戸建ての注文住宅なら東邦建工株式会社

歴史的建造物

2017.06.13

日差しは暑いですが風がまだまだひんやりとして過ごしやすい日々が続いていますね♪

この時期の週末は東邦建工南長野モデルハウスはたくさんのお客様でにぎわっております。

予約不要なのでお出かけついでにぜひモデルハウスご見学いらっしゃってください ^^

 

私は海外旅行が好きで特に建造物・建築物を目的に旅先を選びます。

毎年行ければいいのですが時間もお金もなく(笑)数年に一度頑張ったご褒美と称して行きます。

直近で行ったのはカンボジアです。日本からの直行便が出来て6時間で着いちゃいます!!はやい。

カンボジアと言えば・・アンコールワット!!

ガイドさんに教えて頂いたべスポジです!

お天気に恵まれ湖に移る二重のアンコールワット。

5つの塔を写真に収められる場所は実はすごく限られているそうです。

奇跡的に猫ちゃんも映ってくれました♡

とにかく何もかもが大きい!!

ガイドブックで想像していたよりもずっとずっと迫力がありました。

本当に月並みな言葉ですがどうやってこの建造物を当時の技術で作ったのだろう・・

とただただ驚嘆するばかりです。

カンボジアには近年悲しい歴史もあり、一部の像や建物が意図的に壊されていました。

最後にタップロームにあるガジュマルの木。

映画トゥームレイダーの舞台にもなり映った場所です。

自然に育ったガジュマルがどんどんと建物を侵食しこのようになっているそうです。

今後も成長を続けいつかはこの建物も崩落してしまいます。

ある意味今しか見られない風景ですね。

ガイドさん曰くこういった環境はそのまま自然に任せていくそうです。

意図的に壊されたもの、自然と崩壊していくもの、人の手で守っていくもの、

色々な建築物が混じっているのがカンボジアです。

自然と人工物の見事な融合と荘厳さ。

時間と歴史と植物の強さ・刻々と変化していく世界を感じることができました。

人と建築物は切っても切れないものですね。

何を思って何のためにどのような目的で建物を作っていったのか。

技術の進歩は進んでも私たちのお住まいづくりと根本は変わりません。

旅は改めてそんなことを感じさせてくれるのでやっぱり大好きです。

これからも色々な建築物をみていきたいです。

次はどこの国をご紹介しようかな(^^♪