「2022年の住宅ローン控除はどこが変わったの?」FPに聞いてみました!

2022.03.15

こんにちは!東邦建工です。
マイホームを建てる時に切っても切り離せないのが「お金」の話

住宅を新たに購入する方のための税制優遇制度「住宅ローン控除」が
2022年以降も引き続き実施されることはご存じでしょうか
長期的に控除が受けられるありがたい制度ですが、
知っておきたい変更点もあります。

そこで今日はFP(ファイナンシャルプランナー)の資格を持つ
タカダ部長住宅ローン控除のおもな変更点について解説してもらいました
※解説は2022年・2023年入居の場合の条件です。
2024年以降は内容が異なる条件がありますのでご注意ください。

住宅ローン控除のおもな変更点

控除期間が「原則13年」に延長
従来は原則10年、特例で13年とされていましたが
原則13年に変更となりました。

控除率が縮小
住宅ローンの年末残高の「1.0%」から「0.7%」に変更されました。

控除対象の借入金額の限度額が変更
長期優良住宅として認定された住宅は従来通り5000万円ですが
認定住宅以外の住宅については
ZEH住宅・省エネ基準を満たした住宅・その他住宅と区分けされ
それぞれ借入限度額が設定されました。

所得要件引き下げ
住宅ローン控除が適用される年間所得が「3000万円以下」から「2000万円以下」
に変更されました。
※詳しくは国税庁のホームページをご確認ください。
国税庁:住宅ローン控除を受けられる方へ
https://www.nta.go.jp/about/organization/sapporo/topics/kakutei/sakusei/juukari.htm

モデルハウスをみる