外張り+充填のダブル断熱工法で、電気代が半分に! ~施工事例のご紹介~

2021.07.06

こんにちは!東邦建工です。

今日は最新設備と徹底した断熱へのこだわりで、

快適な暮らしを実現した施工事例をご紹介します。

 

電気代が大幅に削減できたとお施主様からも喜びの声をいただいています。

現在マイホームやリフォームを計画中の方は

ぜひ参考にしてくださいね!

 

採用モデル:【torie(トリエ)】(旧あった快家)

 

家づくりのポイント

◎月3万円の電気代が1/2に!

以前はアパート暮らしだったお施主様のH様ご一家。

電気代がお悩みだったそうで、特に冬は大変!

石油ストーブにエアコン、コタツの総動員で、

月々3万円もかかっていたそうです。

 

新居は断熱構造と太陽光発電システム等を導入した

省エネ&再生可能エネルギーの環境に優しい住まい

家庭のエネルギー収支をゼロ以下にする

ZEH(ゼッチ)基準」を満たしています。

 

※ご入居後、冬のピークを迎える2月の電気代は半減の1万5千円となりました!

◎高気密・高断熱でポカポカ

外張り断熱と躯体内部に断熱材を使用する「ダブル断熱」で家全体をすっぽり包囲。

熱を逃がさず、外気温にも左右されにくい環境を実現しました。

空気の出入り口である窓にはトリプルガラスの樹脂サッシを採用しています。

以前はコタツにもぐり込んでいたお子さんが、部屋中を元気に走り回るように

なったそうです。

◎IoTを使って便利でムダのない暮らし
最新のIoT設備「HEMS」は、エネルギーの使用状況をデータ化や、

デジタル家電のスマホ操作を実現する優れもの!

H様が特におすすめのポイントが、外出先からのエアコン操作。

帰宅前にお部屋を冷やしたり暖めたり、消し忘れ防止にと大活躍だそうです。

~こちらより詳しい施工事例がご覧いただけます~

https://www.tohokenko.co.jp/case/case2433/

 

モデルハウスをみる