東邦建工の仲間をご紹介します♪ | 長野県での新築や一戸建ての注文住宅なら東邦建工株式会社

東邦建工の仲間をご紹介します♪

2021.06.10

こんにちは!東邦建工です。

本日は社員インタビューをご紹介。

工事部ナカジマをご紹介します。

Q.まずは自己紹介からお願いします。

 

こんにちは!工事監督をしているナカジマです。

新卒で東邦建工に入社し今年で8年目になります。

趣味は・・・仕事ですかね(苦笑)。

休日は住宅展示場へ見に行くこともありますし、

子どもと遊んだり、料理もしますね。

得意料理はオムライス!奥さんが作った時より、

子どもが喜んでくれるんです(笑)

 

Q.住宅業界に入ったきっかけ

 

もともと「自分の家を自分で建てたい」と想ったことがきっかけで、

住宅業界に興味を持ちました。

高校では建築を学び、東京の専門学校へ進学。

インテリアや空間デザインを専攻していました。

 

マイホームは3年後を目標に考えています

子どもが小学生に上がる前にはなぁと。

住宅に詳しい立場になると、それはそれで

色々迷いが出そうで心配です(笑)

 

Q.工事監督はこんな仕事です。

 

工事監督は建築現場の責任者で、図面チェック、工程管理や材料の発注、

職人さんなどの手配、検査など、さまざまな業務があります。

お客さまと接する機会は多くはありませんが、

現場のご案内や引き渡し後のメンテナンスを担当しています。

「パイプ掃除にはこんな洗剤が良いですよ」など

お掃除の仕方をアドバイスさせていただくこともあるんですよ。

Q.この仕事をしていてよかったと思うこと

 

今まで担当した物件は130件以上に上りますが、

「人」としてつながりができることがうれしいですね。

施主様にご飯に誘っていただくこともあります。

僕のこだわりは「住みやすさにこだわった家づくり」。

例えば「コンセントの位置」って意外と重要なんです。

施主様のライフスタイルをお聞きしながら、細部にこだわった

家づくりを目指しています。

お引き渡ししてしばらくしてから

喜びの声が聞けると「ああ良かった!」とホッとします。

 

Q東邦建工の良いところは?

 

社員の立場から見ると、広い裁量を与えてくれるところでしょうか。

物件の最高責任者である工事監督を任せられているのも

頼りにしてくれていると感じますし、自信を持って働けますね!

最近は若手社員も増えましたし、IT化も進めていて

東邦建工も日々進化しているな、と感じています。

 

Q.最後にみなさんへメッセージ

 

現場監督は「現場代理人」とも呼ばれる仕事。

自分が住むつもりになってお手伝いさせていただいています。

家を建てた後の、暮らしに関するご相談もお気軽にどうぞ!

除湿器のおすすめは?など、建築と関係のないことでも

できる範囲で力になります!

モデルハウスをみる