長く快適に暮らすワンポイント ~「和」の知恵を取り入れたモダンスタイル~ | 長野県での新築や一戸建ての注文住宅なら東邦建工株式会社

長く快適に暮らすワンポイント ~「和」の知恵を取り入れたモダンスタイル~

2021.05.06

こんにちは!東邦建工です。

当社のリフォーム事例から、「」を使ったモダンスタイルの施工事例をご紹介。

見た目もおしゃれな畳の使い方とは?

これから家を建てる方も、リフォームをご検討中の方も、ぜひ参考になさってくださいね。

 

 

  • 。*「琉球畳でつくる和モダン空間。*●

今回のリフォームでは、昔ながらの和室を洋間と繋げ、広々としたLDKに作り替えました。

和室部分の畳はフローリングに変更しましたが部屋の一角に琉球畳の小上がりスペースを設置。

スタイリッシュな和モダン空間が誕生しました!

市松模様がかわいらしいですね。

※和室の写真はリフォーム前とリフォーム後の画像です。

 

 

【マメ知識】「琉球畳」とは?

一般的な畳と言えば長方形(一畳)で両脇に柄のついた縁(へり)がついているものですが、「琉球畳」には縁がなく、大きさは半畳サイズ(正方形)が主流です。

ちなみに、もともとは沖縄地方で栽培される

特殊な「い草」を使った畳を「琉球畳」と呼びましたが、最近では縁がなく正方形型の畳を「琉球畳」と呼ぶケースが多いようです。

 

琉球畳はサイズ、厚みのバリエーションが豊富なため、インテリアに合わせやすくデザイン性豊かな空間づくりに適しています。

 

【マメ知識】小上がりスペースの活用法

琉球畳ならフローリングよりも柔らかくお子さまの遊び場としても安心。

仕切りをつければ、ちょっとした客間としてもおしゃれです。

小上がりの段差部分を活かして引き出しなどの収納をつくるのもおすすめ!

お子さまのおもちゃをまとめて片づけるのに便利です。

 

モデルハウスをみる