「二年参り」は長野独自の習慣!? – 東邦建工
資料請求
来場予約

長野、松本、上田で注文住宅を建てる工務店 東邦建工

「二年参り」は長野独自の習慣!?

こんにちは!東邦建工です。

早いもので今日が今年最後の投稿になります。

みなさま、本年も大変お世話になりました。

 

ところで「二年参り」をご存じでしょうか?

長野県にお住まいの方は「あたりまえでしょ」と

お思いかもしれませんが、実は全国共通ではなく、

限られた地域で使われている言葉なのだそうです。

 

あらためてご説明すると、

二年参りとは、大みそかの深夜0時をまたいで神社仏閣へ

お参りすることを指します。

0時から日付の変わる0時以降へと年をまたいで行うため

この名前が付いたそうです。

 

他県に住む友人に話したところ、

「夜中に初詣へ行ったことはあるけど

二年参りという言葉は知らなかった」とのこと。

 

全国共通だと思っていたら

実は地域独特の文化だったというものは

意外と多いのかもしれませんね。

 

2024年は力強さや成功を象徴するという「辰年」。

家づくり元年として、マイホームを具体的に

進めてみてはいかがでしょうか?

良いお年をお迎えください!

 

————————————————————————————————-

年末年始の営業について

下記期間は休業日となります。何卒ご了承ください。

~2024年1月4日(木)

————————————————————————————————

 

 

 

長野の不動産のことならお任せください。信頼と実績豊富な「お客様第一主義」のサービスをご提供します。

長野の不動産のことならお任せください。
信頼と実績豊富な「お客様第一主義」のサービスを
ご提供します。