新築の住まいで起こりがちなトラブルって? – 東邦建工
資料請求
来場予約

家族が集う居心地のよい家づくり

新築の住まいで起こりがちなトラブルって?

こんにちは。東邦建工です!
マイホームは建てたらゴール、ではなく
実際に暮らし始めてからが本当のスタート。

いざ住み始めるといろいろな疑問がわいてくるもの!
そこで今日は、新築の住まいにありがちなトラブルについて
営業スタッフに聞いてみました。

壁紙の割れ
木造の家は呼吸をしています。そのため新築1~2年の家の場合、
湿気によって木の太さが変化し、クロス(壁紙)がひび割れることがあります。
特に入角(壁の入りこんだコーナー部分)は割れやすいので注意が必要です。
東邦建工では、2年点検の際に無償で補修させていただきます。

虫さんが「おはよう」?
家を建てる前に土地を整備するため、
新築から2,3年はヤスデなどの虫が驚いて出てくることも。
徐々に落ち着いてきますが、
はじめのうちは虫よけ対策が必要かもしれません。

換気扇にコウモリ
これは新築に限ったことではありませんが、
地域によってはコウモリがお目見えすることも‥‥‥。
ちなみにコウモリは鳥獣保護管理法で保護されていますので、
ペットとしての飼育や殺傷は禁止されています。
どうしても気になる場合は、コウモリが苦手なハッカ油など、ミント系のものを
軒下に塗りましょう。

長野の不動産のことならお任せください。信頼と実績豊富な「お客様第一主義」のサービスをご提供します。

長野の不動産のことならお任せください。
信頼と実績豊富な「お客様第一主義」のサービスを
ご提供します。