花の空

2018.04.05

春霞のかかった松本の空の下、
梅も桜もハナミズキも一度に花開き、まさに春爛漫。
同時に花粉症もピークを迎え、朝からクシャミ20連発?!
お薬とスースーする飴でなんとかしのぎつつ、
待ちに待った短い春を満喫したいものです。

桜というのは、莟から五分咲き、七分咲き、満開を経て、
散り花、桜吹雪、葉桜に至るまで
それぞれの過程での風情が愉しめます。
そんな中でも満開の桜の
一片の花びらも散らさずに開ききっている時の張りつめた姿は
静寂と美と狂気が入り混じって怖ささえ感じます。
まるで瞬きひとつしない完璧な美女の眼力に
射すくめられて取り込まれてしまうかのような。

桜の向こうに透ける青空を見る時、
デジャブに似た懐かしさのようなものがこみあげて来ます。
それが希望なのか絶望なのかもわからないけれど。

花の季節は私が住む安曇野を訪れる旅人が増える季節でもあります。
そんな旅人に交じって、地元の美術館をゆっくり巡ってみたりします。
好きな美術館の一つに、安曇野ジャンセン美術館があるのですが、
 ジャンセン美術館についてはこちらをクリック
ふと思いついて、我が家の階段の壁スペースに
買いためたポストカードを飾ってみました。
ちょっとレンガを貼ってみたりして、
作業は職人気分でウキウキなんとも楽しくて・・・。
殺風景だった我が家の階段がミニギャラリーに変身です。


冬の間はやる気にならなかったアレコレが、
すんなりできてしまうのも春という季節のパワーでしょうか。

春はお建替え、お住替えの季節でもありますね。
松本・安曇野・塩尻近郊・・・旅の方から人気のあるこの一帯は
終の棲家としてもとても素敵な所です。
お家づくりを考えているけれど、何をしていいのかわからない、
そんな方はまずはモデルハウスにお出かけください。
それがきっと素敵なお家づくりの初めの一歩になります。
松本モデルハウスでお会いしましょう。
お待ちいたしております。