春の嵐

2018.03.02

各地で大変な被害をもたらしている春の嵐。
被害にあわれた方、心よりお見舞い申し上げます。
新しい季節を生みだす自然の胎動とはいえ、
その爪痕は鋭く、人力の及ばない脅威です。

嵐の前夜、ぼたぼたと重い雪が降り積み、
日中の日差しがそれを溶かし、一転風が荒くれ唸り、
一夜明けて嘘のように快晴の松本です。
季節が揺るぎなく確実に前へと
動いているのを感じます。

春三月。

別れは新しい出会いの始まり。

これまでの諸々を整理しながら、
次の季節に清々と向かっていきたいですね。

新居を構えるもよし、
住み替えるもよし、
ちょっと壁紙を張り替えてみるのもよし、
気になっていたスペースの片付けをするのもよし。
不思議なもので、お家を整えると
気持ちも整います。

そんなこんなで、片付けをしながら、
娘のお雛様を出してきて飾ったのは
半月ほど前でした。
古代色のやさしい色味が気に入って
購入したものです。

明日はもう三月三日、お雛まつりですね。
あらら、よく見たらお内裏様が転びそう、
あとでそぉっと直してあげなくちゃ(^^;)

娘もデリケートな年頃なので、
明日が過ぎたらさっさと
仕舞うつもりです。

我が家には和室がないのですが、
ひとつ作っておけば良かったと
後悔しております。
和室に飾るとまた全然雰囲気が
変わりますものね。
静謐な和室に年を重ねるごとに
惹かれるようになりました。

年代によってお家の好みも形態も
変わっていきます。
そんな移ろい、変遷にも、
東邦建工がお役に立てたらいいなぁと思います。

今週末のご来場、お待ちいたしております。